なぜアフリカこそでしょうか

“アフリカは1999年度の中国のことを私に思わせます。当時我々が中国を通り過ぎてしまったが今度はアフリカにとってこうしてはいけないです。”プラメン・モノフスキ氏、「ルネサンスグループ」の資産管理)

1.自然資源に富んだ地域
アフリカは自然資源、特に有用鉱物に富んだ大陸です。それは、まだ石油採掘の最高点に達していない、資源過剰の地域です。大陸の西部には最高質の鉄鉱石が沢山あります。アフリカの池や川には水が非常に綺麗で、バイオロジカル・クリーンつまり遺伝子組み換えでない魚加工品用の原料である野生魚が沢山います。

2 .莫大な人口資源
アフリカの人口資源の増量が続いているので、2030年度に世界工業生産の増加率のほぼ65%はアフリカ人による見通しです。

3.適当な生態学的基準
アフリカの地方生態学的基準の大部分は1985年度から変化していません。

4.物質的インフラの積極的な発展
アフリカの国々 (カメルン、モロッコ、アンゴラ、モーリタニア、セネガル、ガボンなど)の政府は道路、港のインフラ、発電所、近代通信システムなどの建設に投資しています。

5. 我々は法的諸制度を発展させ、大体にフランスの経験に基づいて支出のために法律基礎を作っています。
その結果、投資事業はもっと明らかで、魅力的なものとなっています。

6.国家と投資会社との協力
色々な経済分野において相互利益のために政府と投資家の間で密接な協力を目的とする投資計画が発展されています。免税や関税引き下げなどの特権を受けた外資系企業はますます増加しています。

7.  安定した政局や好ましい経済状態
アフリカの西部にある「西アフリカ経済通貨協会」(UEMOA)の地域では、投資・経済活動を発展させるために、もう好ましい条件が作られています。以上協会の地域においてユーロに対して安定した共通通貨であるUEMOAのフランクが1999年1月から使用されています。
Contact Us

Send us an email and we'll get back to you, asap.