西アフリカ連合会領土の開発プロジェクト」

2014年にHERMES―SOITZ基金は西アフリカ連合会諸国とロシアのための投資開発プログラムを導入しました。

西アフリカにはその地域にとってユニークな以下の建設がプログラムに含まれています。

  • 65階建の最初の高層ビル
  • プレーミウム・クラスの25階建の住宅ビル
  • 総面積10万平方メートル以上の商業娯楽センター

建設の最新の技術は住宅とコマーシャル不動産物件の快適性や使用安全性を確保します。

開発プログラムの枠内に、水質的や地質的な建設条件の研究と風負荷の研究が行われて、建設現場の地震生が特定されて、すべての自然現象の影響を考慮の元に建物の設計が行われると共に建設財が選択されました。

プロジェクトの実行は建設やデザインの最新成果に基づく建築的技術的な現代仕組みを含めています。

Hermes-Sojitz基金のプロジェクトは安全性や快適な暮らしを確保する分野における技術的な規則を満足させるものです。

Hermes-Sojitz基金によって、アジア地域に10以上の高層ビルの建設プロジェクトが実行されました。

高層ビル

この多目的ビルは住宅や非住宅面積を利用し商業やサービス関係、娯楽関係のスペースを設けています。高さ270メートルの建物には地下階が三つあります。建物内にはオフィス、アパートメント、店やレストランが配置されています。

地下スペースにはパーキング・エリアやサービス関係のスペースと商店が集中されています。

建設プロジェクトの実行に当たって、技術的な開発は高層ビルの強度を高めることを目的にしています。ビルの構造は縦と横方向の負荷に対する抵抗力を持つその結果、強度の何倍の余裕が確保されています。コンクリート軸あるいは「核」と呼ばれる建物の中央強度要素に縦型配管や電気線などが配置されています。風が強い時や地震の時、「核」と外側円柱をつなぐ鉄筋コンクリートの伸び縮めサポータはホリゾーンタル・パルセーションを抑えます

建設プロジェクトは風の影響で発生する高層ビルに対するパルス負荷の減少を確報しています。いわゆるエアーダイナミックチューブ効果は入口や階間スペース、階段スペースの絶縁によって減少されています。強度や硬度の余裕を確保するコンペンセートする設備は構造に含まれています。利用される構造材は水平風負荷と曲がりモメントを64パーセント減少しています。

建設開始:2015年
高さ:270メートル
階数:65

プレーミウム・クラス住宅

住宅ユニットは25階建ての一軒の25カ建てのビルであり街のエリート地域に配置されています。

建物は塀に囲まれウ警備付の土地で建てられ、地下パーキングエリア―と一貫として整備サービスを設けています。

建設開始:2015年
高さ:90メートル
階数:25

商業娯楽センター

西アフリカ地域の商業娯楽センターのプロジェクトです。センターは街の郊外に配置され、建設現場は最新の建築技術と世界レベルの商業面積整備の要求に答えています。一階と2階はヨーロッパのリテーイラが代表されています。

建設開始:2015年
センターの総面積:10万平方メートル以上

建設の技術

プロジェクトの実行は建設やデザインの最新成果に基づく建築的技術的な現代仕組みを含めています。Hermes-Sojitz基金のプロジェクトは安全性や快適な暮らしを確保する分野における技術的な規則を満足させるものです。

基金は投資を最高的に合理化するため省エネルギー技術と設備を利用しています。

例えば、換気性の表面やパノラマ的ガラス張りシステムを取りいれています。このシステムはアフリカ諸国の特徴の条件において、室内の快適な温度を維持するための電気量を減らし加熱や熱損失を妨げることを可能にします。

内装は空気交換や湿度分配のプロセスを維持する高質のナチュラル材を使用しています。建物は日本製の最新型の換気とエアーコンヂーションのシステムを装備しています。

物件の安全は、ビデオ監視、耐火ユニットと対煙換気装置を含む自動化によって確保されています。

Hermes-Sojitz投資基金はロシア領土内にホテルや住宅不動産の分野におけるプロジェクトを実行しています。

Most Recent Projects
Contact Us

Send us an email and we'll get back to you, asap.